FC2ブログ

人妻淫乱告白書不貞婦人会公認、人妻達不倫、性体験、人には言えない性癖等の赤裸々な体験談を告白して頂いています

人妻淫乱告白書
-淫乱映画館-淫乱告白-ファミレス征服-羞恥告白-中出しが好き-淫乱すぎる人妻-おばさんの裸-パイパン夫婦-女装マゾ奴隷-潮吹き小説-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人妻探偵

人妻探偵

人妻探偵
茉莉 30才


結婚2年目の人妻です。子供はいませんので当然のように共働き。
会社の付き合いでたまに飲みに行くこともあります。

今から書くのは、2ヶ月に1回開かれる会社の飲み会での出来事。


順番に回ってくる幹事の役が、私と同僚の佐野さん。
幹事と言っても、店の予約をしてお会計を集めて払うだけ。
昼食を一緒にしながらお店を決定、予約しました。

当日、何事もなく時間は流れ、
総勢10名ほどの飲み会はそこそこ盛り上がっていました。
普段からお調子ものの牧田さんが盛り上げ、
酔うとよく喋る吉岡さんがみんなに絡み、
マスコット的存在のエミちゃんがみんなにからかわれ・・・
いつもと何も変わらない飲みの席。

予約した2時間が過ぎ、時刻は午後9時を回りました。
お会計を済ませて店を出ると、社員5名ほどが何やら相談中。
いつも2次会にいくメンバーです。
その中にあのエミちゃんの姿もあります。

私は一応人妻なので、普段は1次会だけで帰るのですが
「幹事なんだから今日くらい付き合え」
という司の一言で2次会に行くことに。

酔って大声になっている男性社員からほんの少し離れ、エミちゃんと喋りながら歩きます。
ちなみにエミちゃんは23歳。色白で小柄で、少しポッチャリしていて、大きな瞳をしています。女の私から見ても可愛いな、モテるだろうなと感じさせる女の子。

「先輩、私実は、今日勝負かけてるんです」
突然真剣な声でエミちゃんが言ったので
「え?何に??」
と聞くと、今日のメンバーに憧れている男がいるというのです。
私は驚いて、「誰?誰?」と聞きましたが教えてくれません。
勝負とは具体的にどうするのかと質問すると、
「どんどんお酒を飲んでもらって、まずはエッチに持ち込む」というのです。

私は更にびっくりして、思わず素っ頓狂な声を出してしまいました。
エミちゃんはおっとりタイプで、そんな生々しい発言をするとは思いもしなかったのです。
衝撃を受けている私を尻目に、Eちゃんは「ま、見ててもらえば分かりますよ」といたずらっぽく笑い、小走りで男性集団の中に紛れ込んでいきました。






ラブリンク
人妻探偵

続きを読む

テーマ : ***官能小説*体験談*h小説***
ジャンル : アダルト

遊園地でのいけない遊び ③

遊園地でのいけない遊び ③

遊園地でのいけない遊び ③

弥生 35才



張り出したカリ首をなぞる様に、舌を思い切り伸ばして動かしてみる。
パクリと根元から咥え込んで、バキュームながら口を上下に動かすと
思いのほか観覧車がグラグラと揺れ動いた。

しかし、次第に硬くなってゆく肉棒の感触に興奮が抑えられない私。
唇の端から涎が垂れるのも気にせずに、喉の奥まで亀頭を押し込み
唇全体を使ってゆっくりと引き抜き
そして根元から裏筋を舐め上げる。

「その顔・・・すげぇエロいよ。
もっと奥の方まで咥え込んで、顔上げて」
仁王立ちの男は呟く。

グっと髪の毛を引っ張られ、顔が上向きになる。
その反動で、ぐぐっと喉の奥に押し込められ、
「うぇっっ」
という嗚咽と共に、白いような黄色いような液体をはきだしてしまう。
苦しくて涙目になったが、それよりも肉棒を舐めていたい感情が強く・・・

涙と唾液と汗と、吐き出した液と鼻水とでグッチョグチョになりながらもフェラを続ける。
何時間でもこうして舐めていたいと思った。

「もうヤバい・・・出そう」

呻くように言う男の肉棒から私は口を離す。
男の尿道と私の下唇が白くヌラヌラした糸で繋がっている。







ラブリンク
遊園地でのいけない遊び ③

続きを読む

テーマ : ***官能小説*体験談*h小説***
ジャンル : アダルト

遊園地でのいけない遊び ②

遊園地でのいけない遊び ②

遊園地でのいけない遊び ②

弥生 35才



「んうんっっ」

思わず声が出て、咳をしたように誤魔化した。
一瞬、前の席の子供が振り向いたので、ドキドキしてしまう。
男が触りやすいように、私はぴったりと閉じていた膝をゆっくりと左右に開く。
同時に、男の股間に手を載せる。

微かに隆起し、固まりはじめている感触。
少しだけ左右に撫でてみる。
撫でた分だけ、ムクムクと掌の中で大きく、硬くなるようだ。

私の手の動きに合わせるかのように、男の手も徐々に私の奥へと侵入してくる。
いつの間にかスカートの裾から手を突っ込んで
下着越しにクリを責める。

直に触ってほしいけれど、そんな事はできない。
もどかしい思いが、男をしごく手を早める。

がたたんっ

大きい音が響き、ふっと腰が浮いた。
段差。船が滝から滝つぼへ落ちるような感じ。

「んっっっ」

その衝撃で、またまた男の指が、割れ目の中へと突き刺さる。
また声を出してしまった。
今度は前の子供もキャーキャー言っているので気付かれてはいない様子。

少し奥まで突き刺さった感じのまま、そのアトラクションは終了。
下着は愛液で既にびっしょりと湿っている。
歩く度にグチュっと音がするようで恥ずかしい。

「ちょっとトイレ・・・」
「だめ」
「え?どうして??」
「だって拭き取りに行くんでしょ?」
「そうだけど・・・」
「やっぱり。せっかく濡れたのに拭き取るなんてだめだよ」

すっかり見透かされているようで驚いた。
男は私の腕を掴んみ、ずんずんと歩いていく。
強引に引っ張られる感じ。またジュワっと溢れ出す感じがした。





ラブリンク
遊園地でのいけない遊び ②

続きを読む

テーマ : ***官能小説*体験談*h小説***
ジャンル : アダルト

遊園地でのいけない遊び ①

遊園地でのいけない遊び ①

遊園地でのいけない遊び ①

弥生 35才


5年程前から、出会い系サイトを利用するようになりました。
最初はこんな簡単に見ず知らずの男性に身体を委ねてよいものかと、悩んだ時期もあります。

しかし、一度経験してしまうと
淡白な夫だけではどうしても我慢できず。

もう止めよう、これで最後にしようと思いつつ――
また激しいセックスを味わいたくて、知らない男に抱かれたくて
サイトにアクセスしてしまうのです。

「セフレ」という言葉はあまり好きではないのですが、セフレ関係の男性は3名ほどいます。
しかし、何度か抱かれた男とのセックスはどうしてもマンネリ化してきてしまう。

やはり、全く初めての男性とセックスするのが一番刺激的。
それに何度も肌を重ねると段々と情が移ってくるというか、執着したりされたりするようなこともありますが
後腐れなく、一回、もしくは一夜だけの関係が理想的。

今まで何度となく見ず知らずの男に抱かれましたが、
全く知らなければ知らない程
自分でも驚くくらいに大胆に、そして淫らに振る舞い、官能の世界に没頭できるようです。



「欲求不満です。何も言わずに抱いて下さい」

この書き込みに一番早く反応してくれた男性と会うことに。

待ち合わせは喫茶店や駅の改札、たまにラブホテルの前
というのが普通でしたが、この時指定された場所は遊園地

真昼間の遊園地、子供連れやカップルで賑わっているだろう場所へ行って
一体何をするつもりなんだろう。
まさかこんなオバサンとデートでもないだろうし、
わざわざ絶叫マシーンに乗るために会うわけでもないし・・・

多少不審に思いながらも指定された遊園地の入口に到着。
グレーの長袖Tシャツにジーンズ姿の40前後の男性が今日のお相手。
多少禿げてはいるものの、物腰の柔らかい喋り方。

キレイな肌ですね、なんて褒められて、少し浮かれて。




ラブリンク
遊園地でのいけない遊び ①

続きを読む

テーマ : ***官能小説*体験談*h小説***
ジャンル : アダルト

見知らぬ大学生 第2話

見知らぬ大学生 第2話

見知らぬ大学生

美和子 27才



私は俯いて、声が漏れないように一生懸命我慢しました。
しかし、次第に激しくなる指使いに頭が変になりそうです。

「もうだめ・・・お願い」

体がビクビクと震え出した私。
男はその場でタクシーを止め、外へ。
フラフラと男にしがみ付きながら、私も車外へ出てみると
そこは古びた感じのマンションの前でした。

男は無言のままエレベータに乗り、最上階のボタンを押します。
扉が開き下りると、どこかの部屋へ行くかと思いきや、また階段を登ります。
登りきった目の前には、少しスペースのある踊り場と、屋上へ通じる扉。
ガチャガチャとノブを回してみても鍵がかかっているのか扉は開きません。

男は諦めたのか、急にドアノブから手を離すと、私を強く抱きしめ、舌を突っ込んできました。
そのまま力の抜けていく私。
襟首から突っ込まれた手は、もうブラの中の乳首を弄っています。
男は私の頭をいいこいいこする様に撫でると、肩を上から床に押し付けるように力を加えました。
そのまま地面にへたり込む私。
目の前に、カチカチになったチン○ンが突き出されました。
私はめいっぱい口を開き、根元から咥え込みます。

唇が陰毛と陰茎の境に触れると、チン○ンがビクっと震えました。
そのままジュポジュポと吸いながら、顔ごと深く浅く吸い付き
舌先を動かして陰茎に絡み付けました。

「ああっ・・・上手いよ」

男は気持ち良さそうに頭を撫で、うっとりと目を瞑ります。
私は嬉しくて、一生懸命舐めました。
そして右手では自分のクリをパンティ越しに撫で擦っていると・・・

「あれ・・・オナニーしてんの?気持ちいい・・・??」
「んっ、ひもひぃい」(気持ちいい)
「ほら、クリじゃなくて指を穴に挿れてごらん」
「んんっ、ふぅんっ、んっ」

言われた通りにパンティをずらし、割れ目の中心に人差し指と中指を滑り込ませると・・・
ヌルヌルとして暖かい感触。
自分の割れ目の中の中まで穿り返すように動かしました。
「んんっ、んんあっ・・・・」
自分の指で中まで触ったのは始めて。
気持ちよくて、どんどん溢れ出して、このまま指がふやけてしまいそうです。





ラブリンク
見知らぬ大学生 第2話

続きを読む

テーマ : ***官能小説*体験談*h小説***
ジャンル : アダルト

潤恋・ダミー
成人認証

このブログはアダルトブログです。
18歳未満の方は
閲覧することができません。

また当サイト内の画像および文章の無断転用、無断掲載はだめです

<年齢認証>
あなたは18歳以上ですか?

はい / いいえ


お問い合わせ・相互リンク・投稿

名前:
メール:
件名:
本文:


人妻告白体験-潤恋-
■潤恋OPEN!■どんどん文章拡充していきます!官能文章投稿サイト・当ブログに文章投稿してくださる方、 ご連絡ください。私も協力予定です!
ラブリンク

最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
8294位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
88位
アクセスランキングを見る>>



アダルトブログランキングへ

人気出会いBLOG

裏アダルトランキングうらら

人妻100709_02

HIMEGURI-NET

BBS7.COM
MENURNDNEXT


無料アダルトアダルトナビゲーター

エログ-(エログランキング)

妻のH下着

エログ満載Erogger!



大人のブログランキング

告白痴態
FC2カウンター
淡々と百人一首
    最新コメント
    Graphical Clock neon
    Graphical Clock
    ioi.toot
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    複眼RSS
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ブロとも一覧

    細胞の欲望

    ドM・調教に魅せられて。。。

    公衆便器のちいたん日記

    出会い系攻略日記
    ユーザータグ

    人妻 セックス 連れ込み 痴女 痴漢 野外 ザーメン オナニー フェラ クンニ バイブ 青姦 看護婦 アナル 高校生 スワッピング パンスト 出会い系 レズ 白濁液 精液 病院 お尻 酔い 公園 変態 ナース ぶっかけ イタズラ レイプ 童貞 セフレ 近所 フェラチオ 年下 息子 不倫 大学生 ピストン ペニス ストッキング 出産  先輩 母乳 69 おしっこ シックスナイン Tバック 挑発 妄想 教習所 ガーター 海水浴場 保険  孕ませ アソコ 万引き 中田氏 親子丼 保育園 OL 剃毛 オーガズム カーセックス ディープキス  人妻教師本能 本能 レディコミ 秘密 クリ 覗き 淫乱妻 同窓会 公衆便所 女子大生 女教師 学生 浮気 マゾ 肉棒 フェチ 風俗 専業主夫 ピアス  ブラチラ 白昼 S女 ノーブラ ラガーマン 匂い SM 隣近所 コミュニティサイト 3P 宅急便 初体験 同級生 密室 公衆トイレ ワニ パート 強姦 知人  ベンチ 探偵 他人  路地裏 Fカップ モデル 飲み会 手マン ドロドロ 眼鏡 屋上 遊園地 淫乱 カリ攻め 観覧車 エレベーター 本屋 ベランダ 交換 アクメ 露出 撮影 ノーパン ドロドロザーメン 不貞婦人会 ファミレス しゃぶる 娘の彼氏 潮吹き 背徳 おちんちん 羞恥プレイ セールス 寝室 快楽 パイパン アルバイト 顔射 スパンキング バキューム 電マ 教師 連続 巨根 おじいちゃん 成人向け映画館 トイレ 風呂 ピンク映画 色白 カウパー 精子 処女 

    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    カテゴリ
    リンク▼
  • 管理画面
  • ナイト2000

    ■■■■■■■■■■■■■

    出会い系情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。