FC2ブログ

人妻淫乱告白書不貞婦人会公認、人妻達不倫、性体験、人には言えない性癖等の赤裸々な体験談を告白して頂いています

人妻淫乱告白書
-淫乱映画館-淫乱告白-ファミレス征服-羞恥告白-中出しが好き-淫乱すぎる人妻-おばさんの裸-パイパン夫婦-女装マゾ奴隷-潮吹き小説-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学生チ*コの虜(不倫)

大学生チ*コの虜(不倫)

大学生チ*コの虜

真樹子 42才

理紗 33才

半年前から浮気をしています。
相手はパート先の男の子、20歳の大学生です。

彼と知り合ったきっかけは、パート先のスーパーです。
私が働くスーパーは店舗の規模も小さく、アットホームな雰囲気。
一緒に働く従業員も割りと仲がよく、そのうちの1人が辞めるというのでお別れ会を開きました。

座敷席で隣同士になった私と大学生のバイト君、K君。
シフトが一緒になったことは何度かありましたが、当然飲みの席は初めて。

まだバイトを始めて間もないK君。
特別なイケメンという感じではありませんが、童顔で憎めない感じの男の子。カッコイイというより可愛い雰囲気で、
社員の人や年上の人からはいつもからかわれています。

せっかく隣に座っているので、学校のことやバイトのこと、私生活についてなど色々と聞いてみました。
そしてお決まりの質問も・・・

私「ねぇ、彼女とかいるの??」
K「いやいや、それがいないんですよね」
私「え~?なんで??モテそうなのに」
K「全然っすよ。フラれてばっか」
私「でも好きな子くらいはいるんでしょ?」
K「え・・・ま、まぁ・・・」
私「マジ~?誰々、この中にいたりする??」
K「・・・・・・まぁ、いいじゃないですかこの話題は」

おもしろい位に真っ赤になるK君の顔。
こんな会話を他の人たちも聞き逃すわけもなく、やんややんやと大騒ぎになりました。
結局、この中にK君が想いを寄せる人がいるらしい
というところで話は終了。
夜の10時を回り、会はお開きです。

2次会に行くという人を見送った後、私は一人家路につきました。

と、その途中。小走りで私の横に並んだのはK君でした。

K「理紗さん、僕送りますよ」
私「え?本当??私なら一人で大丈夫だよ」
K「そんな事いわずに送らせてくださいよ」
私「じゃあ、お言葉に甘えて」

歩いている道すがら、K君は何も喋りません。
私から話しかけてみても「はぁ」「そうですね」と言った、心ここにあらずな返事ばかり。

急に酔いが醒めてテンションが落ちちゃったのかしら
と思いながら、私の住むマンションの側に到着。

「家あそこだから、ここでいいよ。わざわざ有難う」

そう言って手を振り、歩き出そうとした時です。
左手の手首をグっと掴まれ、驚いて振り向くとK君が真剣な顔付きをしています。

私「どうしたの?」
K「さっきの・・・飲み会の時言ってた相手って理紗さんなんです」
私「え・・・??」

驚いてぽかんと開けた口を、K君の口がが強引に塞ぎました。
ビックリしすぎて、私は目をつぶる暇もありません。



ラブリンク
大学生チ*コの虜

続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : ***官能小説*体験談*h小説***
ジャンル : アダルト

一階下のご主人と

一階下のご主人と

一階下のご主人と

マサヨ 40才

高校1年になった娘に
「お母さん、もうちょっと化粧とかしたらぁ?」
と言われてしまいました。
最近彼氏でも出来たのか、急に色気づいてきた様子。

鏡の中に映った私の顔。
40年間見慣れてきた顔ですが、確かに年齢による小じわ、弾力のない様子がありありと見て取れる。鏡は残酷ですね。

化粧などしなくてもツヤツヤしている娘を見ると、少し嫉妬心の様なものが湧いてきます。
私も昔はミニスカートを履いてみたり、夜の街に踊りに出かけたり。
それなりに頑張っていたのですが。

自分は世間で言うオバサン、なんだなぁと、改めて自覚すると
悲しいような、力が抜けるような、やりきれない気持ちになりました。

そういえば、旦那と最後にセックスしたのはもう3年も前になるでしょうか。
女としての魅力がなくなれば、性行為がなくなるのは当然。
40才という年齢は「もう40才」とも言えますが、「まだ40才」とも言えるのではないか。
しかし、高校生から見ればオバサンすら通り越している。

生理前ということも手伝って、じっとしていると自然に気持ちが落ち込みます。
私は気を取り直して、家中の掃除を始める事に。
普段は手を出さない食器棚の上、押入れの奥、換気扇・・・
自分の年齢を忘れるかのように無我夢中で掃除。

箪笥の上にあるダンボール箱をどけようと、背伸びをして箱を動かした途端、
かなりの重量があったそのダンボール箱は自身の重みでずずずずっと箪笥からせり出し、
私の奮闘空しく、大きな音を立てて床に打ち付けられました。

ずっしぃぃぃぃん・・・

一瞬、地震でもあったかのような(それは少し大袈裟かもしれませんが)振動を伴って大きな音が響き渡ります。

程なくして、玄関のチャイム。
ドアを開けると1階下に住む秋元さんの旦那さんがひょっこり顔を出しました。

「あら秋元さん、こんにちは。今日はお休みですか」
「えぇ。それより・・・今の音、何かあったのかと思って」
「あぁあれ。やっぱり響きましたよね?すみません。ちょっと手がすべって」
「奥さん大丈夫ですか・・・って、手、血が出てますよ」

小指の付け根の下辺りから、薄っすらと滲んでいる血。
自分では全く気付きませんでした。

「あら本当だ。全くそそっかしくて」
「ちゃんと手当てしなきゃだめですよ」

秋元さんは靴を脱ぎ、家の中へ上がりこみました。
大したことじゃないのに。と思いながらも、随分親切な人なんだな、奥さんは幸せだな
などと考えます。

秋元さんは「あ、これですね」と言ってダンボール箱を箪笥の上に戻そうとしています。
Tシャツから覗いた二の腕の逞しい筋肉。
秋元さんからは「男」の匂いが漂うようでした。

不意に私は、ダンボール箱を載せ終わった秋元さんの背中に顔を凭せ掛け
「抱いて・・・」
と呟きました。
どうして急にこんなにも大胆な発言をしてしまったのか。
今でも分かりません。
ただ目の前にいる男という存在が忘れていた何かを呼び覚ましたようでした。

秋元さんは一瞬固まった後、くるりと振り向いて私を抱きしめました。
力強い抱擁。
私を覗き込むようにして唇を重ねます。
微かに漂う酒の匂い。
ぼってりと厚いぬらぬらとした舌が上下の唇を割って、私の中に滑り込みます。

くちゃっ・・・ぺちゃ・・・

秋元さんはウネウネと舌を回転させ、私の口中を舐めまわします。
口の粘膜から快感がじわりじわりと拡がる様に、私の力は抜けていき・・・




ラブリンク
一階下のご主人と

続きを読む

テーマ : ***官能小説*体験談*h小説***
ジャンル : アダルト

高校生の彼

高校生の彼

高校生の彼

ハル 27歳


私は結婚して7年目の27歳の主婦です。
主人は9歳年上の36歳で、4歳の子供がいます。

よく不倫の話は耳にしますがまったくの他人ごとで、
ちょっとしたきっかけからいま年下の男の子にはまっています。

相手はパート先のバイト君で高校3年生。
私もさすがにビックリしたんですが、
「好きです、付き合って下さい。」って告白されちゃったんです。

でも、一応「あたし、25のオバさんよ。結婚しているし・・」
(3つサバを読んでいる)って断ったんですが、

告白も一回だけじゃなくて何回も真っ赤になりながら
「1度でいいからデートして下さい。」って言われて、
なんかかわいくなってきちゃって「1回ぐらいイイかなっ!」って
OKしてしまいました。

デートといっても、とりあえず軽く食事して、
映画見て、カラオケして帰ってくるつもりだったんです。

高校生と話とか合うかなってちょっと心配だったんだけれども、
彼が必死に話をあわせようと言うのが
ものすごくわかってかわいくて、以外と楽しかったです。

その日はがんばって少し露出度の高い服を着ていたんで、
ずっと彼の視線を胸の谷間とか、
ちょっとひらき気味の短めのスカートの中
とかに感じていたんです。

だから次のカラオケ店でもわざと足を組み替えたり、
わざとかがんでみたり、彼と腕を組んでわざと
胸が当たるようにしてみたり、
お尻にも触れるように挑発してみたんです。

そしてあんまりにも彼の視線を感じるもんだから、
少し酔っていたせいもあってわざと
「あー、エッチィ」って言って彼のアソコを見てみると、
彼って真っ赤になって否定したんだけど、
どう見ても股間が大きく膨れてる感じ。

そしてもっと大胆に彼の横にピッタリくっついて
「彼女いないの?」
「いないよ」「じゃあ、女の子と付き合った事は?」
「無い」「ウソ! カッコイイのに?」
「ウソじゃないよ。ホントにないんだよ」 

ますますかわいくなって、いたずらしたくなったので
「じゃぁこんな事したことないの?」って
キスして胸に手を持って行ったの。

それから手を添えたまま回すように触らせてあげたんだけど、
そのうち手が自分で動くようになって、
私もさらにもっと大胆に「じかに、触ってみたい?」
なんて誘いながらも彼の手を服の中へ入れてあげました。

彼も最初こそ戸惑っていたんだけれども、
童貞の割にはどこで勉強してきたんだか、
段々慣れてきて私の感じるところをいじってきます。

私もそのうちブラの中に指が進入して、
乳首を集中攻撃されたら感じてきちゃって
「したいの?」「う、うん。」
「ココじゃぁダメだから、ホテル行く?」「うん。」
もうたまんなくなって自分からラブホへ誘っちゃいました

移動中も彼はもうやりたくて仕方が無いのか
私の乳首やアソコをずっといじってきて
私のアソコはもうグショグショに濡れてしまっていました。

酔っているのと、しばらくご無沙汰してるのと、
さっきまでのでもう私もいやらしい汁が滴り落ちるようになってきたので、
部屋に入ったとたん、私から抱きついて
キスしながらベッドに押し倒してしまいました。


高校生の彼

続きを読む

テーマ : ***官能小説*体験談*h小説***
ジャンル : アダルト

美味しい童貞

美味しい童貞





サエ 27才


1年前に結婚したが、私は合コンが大好きだ。
まだそんなにオバチャンでもないし、友達も結婚していない子が多い。
指輪を外して、独身のフリして参加することがよくある。

いざエッチするってなった時は人妻だと告白するが、大体の男はヤれれば何でもイイ!って感じなのでこっちも好都合。一回だけの関係を楽しんでいる。

年下の男の子の場合、私がキュンとくるのは一番おとなしそうな子。
ダサめの感じでオドオドしてるのなんてみたら、真っ先に狙いにいく。
そういう子ほど、セックスに飢えてるっていうか、AVなんかをよく研究(見てるだけ?)しているから大好き。
やったことない体位とか、コスプレとか。私が気持ち良くなるようにせいいっぱい頑張ってくれちゃうし。

この前エッチした子もあまりパっとしないタイプだった。
呼ばれて来て見たら合コンでした、みたいな顔をして終始落ち着きなし。
これはもう、私がイクしかない!ということで、キッチリ隣の席をキープ。
他の女たちとタイプが被ることはほとんどないから、私って無害でイイ奴だな。

色々話かけてみるも、モジモジと緊張している様子。
とりあえずこれでもかってくらい身体を擦り寄せ、喋りながらボディタッチ。コレ基本です。
お酒は強いみたいで私がグイグイ飲ませてもあまり変化はなし。
ただ頻繁にトイレに立つようになったので、私もタイミングを合わせてトイレ。
あ、あなたもトイレだったの~?(←我ながら白々しい)なんて言いながら、あの合コンつまんないから抜け出さない?と耳打ち。
実際私が隣にいなかったら誰とも話をしなさそうな感じだったので、脱出成功。

近くにあるバーとかにとりあえず入って飲み直し。
私の方がいい加減酔ってきて、美味く呂律が回らない。
でもお酒の酔いが回れば回るほど、エッチしたい熱も高まってくる。
半分とろけたみたいな上体で彼に寄り添いフニャフニャしてたら、ミニスカから出てる私の太股をそろっと触った。
キタッ!!!!!!
そう思って、私は彼の手首を掴み、もっと太股の付け根に誘導。
緊張しているのが彼の指先から伝わってきた。
はい、これはもう我慢の限界。

急いでタクシーを拾いラブホへ向かう。
タクシーの中で私は濃厚なチュウをプレゼント。
彼が夢中になって私のベロに吸い付く感じに、キュンとくる。

ホテルへ入ると、どうしていいのか分からないように立ちすくむ彼。
私は彼の服を剥ぎ取って全裸にし、ベッドに押し倒した。
大きなチ*コだった。
これをまだ使ってないなんて・・・もったいな過ぎる!
半勃起のチ*コを咥えこみ、ちょっとバキュームしたらすぐにイってしまった。




美味しい童貞

続きを読む

テーマ : ***官能小説*体験談*h小説***
ジャンル : アダルト

娘婿とのセックス

娘婿とのセックス

4P性欲処理体験

幸子 42歳


私は娘の婿の創さんと肉体関係を持ってはや3ヶ月になります。
こんなことをしていてはいけないと思いながらも、
私も主人を亡くしてから、この疼く体を持て余し、
性的関係を誘われると断れません。

私は42歳で最近主人を亡くしてからは
この娘夫婦と近所の家に一人で生活しています。

娘婿の創さんは、娘より5歳年上の25歳、
180cm近くのりっぱな体格の好青年で、
本当の息子のような存在だったんですが、
いまではこんないけない関係になっています。

ある日娘が仕事で、創さんがお休みと言う日があったんです。
まあいつものお手伝いと言うことで10時頃、娘夫婦のマンションへ出向き、
掃除、洗濯を一通り終えました。

創さんさんはコタツで横になり缶ビールを飲んでテレビを見ていました。
私も一息入れる為コーヒーを入れてコタツに入り、
幸二さんと世間話をしていた時、ふと見ると時計が止まっているんです。

じゃあ電池を交換しましょうと言うことになって、
乾電池を探して椅子を幸二さんの頭の上あたりに置いて、
椅子の上に上がって時計の乾電池を替えたんです。

椅子から降りる時、下を見ると幸二さんが下からスカートの中を覗き込んでいました。
「えっ、見えた? こんなおばあさんのなんか見たってしかたないでしょう」
そう言われると創君はちょっと恥らいながらも、
「たまたま上みたら目に飛び込んだんですよ、
義母さんでもとってもキレイですね。赤いショーツが色っぽいです」

「えっ恥ずかしいじゃない、もう忘れてよ」
「でも、お義母さん綺麗だし、まだまだ若いから、
義父さんが亡くなって、男がほっときませんよ。
声とか掛けられるんじゃないですか?』

「もう42よ、そんな人がいれば大喜びよ」
そんな会話の後、乾かしてあった洗濯物を畳んでいると
創さんに後ろからいきなり抱きつかれたんです。

「何するの。冗談はやめて、創さん やめて!」
『お義母さん、お義母さん、もう俺我慢出来ないよ」
そういうと創さんは私を後ろから抱きすくめ、
胸を絞り上げるようにまさぐられました。

「創さん、ダメよ、やめて」と抵抗しましたが、
体格のりっぱな男性に後ろから覆いかぶさられ、
そのうちブラウスをたくしあげられブラジャーも外され、
乳首を執拗に愛撫されました。

力強い男性に抱きしめられると言う行為が
大分ご無沙汰で、恥ずかしい話、それだけで感じてきてしまい、
頭がボーっとなってアソコは少し濡れてしまいました。

でも最後の理性で「創さん、こんな事ダメ、離して頂戴!」
と大きな声を出し抵抗しましたが、
スカートの中に手を入れられクリのあたりをいじられると
もう駄目で抵抗できなくなってしまいました。

創さんは、力が抜けたのが判ったのか
頭を後ろに向けて唇を近づけキスをしながら
乳首とアソコを愛撫してきました。

そんなことをされて私は、
なすがままで気がつくと私も創さんの舌を激しく吸っていました。

もうひたすらキス、乳首、アソコの愛撫をされ続けると
私は久しぶりに男を迎えることの喜びを感じるようになり、
もう完全に義母と娘婿の間柄から、男と女の間柄に変わっていきました。

創さんは『お義母さん。もう我慢できないよ』と言いって、
私をうつ伏せに倒し太ももを持って、
上に持ち上げ四つんばいにさせ、スカートをたくし上げました。

「こんないやらしい体をこんないやらしい下着を身につけて。
誘ってくるお義母さんが悪いんですよ!」と独り言を云いながら、
ショーツをを脱がしまてきました。

私はもうなすがままで、無意識に脱がし易いように
腰を浮かせてその後に足を上げアソコを
ぱっくりと開き見せていました。

創さんはしっかりと太ももを抱えお尻を上に突き出すような形にして、
舌を這わせ、いやらしいピチャピチャという音をわざと立てたり、
アソコに舌をねじ込みクンニをしてきました。

私はもうたまんなくなって自分からお尻を上に突き上げ、
創さんの舌に合わせて腰を振っていました。

もう私はアソコが洪水のようにびちゃびちゃになり
すっかり男を迎え入れる状態になっていました。

創さんも我慢できなくなったのか、
せわしそうにガチャガチャというベルトを外し
その立派にそそり立ったチンポを私に見せ付けます。

私は久しぶりの男を迎え入れる期待で
もう胸はドキドキしています。


娘婿とのセックス

続きを読む

テーマ : ***官能小説*体験談*h小説***
ジャンル : アダルト

潤恋・ダミー
成人認証

このブログはアダルトブログです。
18歳未満の方は
閲覧することができません。

また当サイト内の画像および文章の無断転用、無断掲載はだめです

<年齢認証>
あなたは18歳以上ですか?

はい / いいえ


お問い合わせ・相互リンク・投稿

名前:
メール:
件名:
本文:


人妻告白体験-潤恋-
■潤恋OPEN!■どんどん文章拡充していきます!官能文章投稿サイト・当ブログに文章投稿してくださる方、 ご連絡ください。私も協力予定です!
ラブリンク

最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
6708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
89位
アクセスランキングを見る>>



アダルトブログランキングへ

人気出会いBLOG

裏アダルトランキングうらら

人妻100709_02

HIMEGURI-NET

BBS7.COM
MENURNDNEXT


無料アダルトアダルトナビゲーター

エログ-(エログランキング)

妻のH下着

エログ満載Erogger!



大人のブログランキング

告白痴態
FC2カウンター
淡々と百人一首
    最新コメント
    Graphical Clock neon
    Graphical Clock
    ioi.toot
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    複眼RSS
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ブロとも一覧

    細胞の欲望

    ドM・調教に魅せられて。。。

    公衆便器のちいたん日記

    出会い系攻略日記
    ユーザータグ

    人妻 セックス 連れ込み 痴女 痴漢 野外 ザーメン オナニー フェラ クンニ バイブ 青姦 看護婦 アナル 高校生 スワッピング パンスト 出会い系 レズ 白濁液 精液 病院 お尻 酔い 公園 変態 ナース ぶっかけ イタズラ レイプ 童貞 セフレ 近所 フェラチオ 年下 息子 不倫 大学生 ピストン ペニス ストッキング 出産  先輩 母乳 69 おしっこ シックスナイン Tバック 挑発 妄想 教習所 ガーター 海水浴場 保険  孕ませ アソコ 万引き 中田氏 親子丼 保育園 OL 剃毛 オーガズム カーセックス ディープキス  人妻教師本能 本能 レディコミ 秘密 クリ 覗き 淫乱妻 同窓会 公衆便所 女子大生 女教師 学生 浮気 マゾ 肉棒 フェチ 風俗 専業主夫 ピアス  ブラチラ 白昼 S女 ノーブラ ラガーマン 匂い SM 隣近所 コミュニティサイト 3P 宅急便 初体験 同級生 密室 公衆トイレ ワニ パート 強姦 知人  ベンチ 探偵 他人  路地裏 Fカップ モデル 飲み会 手マン ドロドロ 眼鏡 屋上 遊園地 淫乱 カリ攻め 観覧車 エレベーター 本屋 ベランダ 交換 アクメ 露出 撮影 ノーパン ドロドロザーメン 不貞婦人会 ファミレス しゃぶる 娘の彼氏 潮吹き 背徳 おちんちん 羞恥プレイ セールス 寝室 快楽 パイパン アルバイト 顔射 スパンキング バキューム 電マ 教師 連続 巨根 おじいちゃん 成人向け映画館 トイレ 風呂 ピンク映画 色白 カウパー 精子 処女 

    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    カテゴリ
    リンク▼
  • 管理画面
  • ナイト2000

    ■■■■■■■■■■■■■

    出会い系情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。