FC2ブログ

人妻淫乱告白書不貞婦人会公認、人妻達不倫、性体験、人には言えない性癖等の赤裸々な体験談を告白して頂いています

人妻淫乱告白書
-淫乱映画館-淫乱告白-ファミレス征服-羞恥告白-中出しが好き-淫乱すぎる人妻-おばさんの裸-パイパン夫婦-女装マゾ奴隷-潮吹き小説-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速バスでいきました②

高速バスでいきました②

高速バスでいきました


藍子 25歳


そんな様子をみてその指はもっと激しくクリトリスを爪の先で
引掻くように弄ってきます。

私はものすごい感じてきちゃって、
私のアソコからはさらにいやらしい液体が止め処も無く溢れてきているようで
たぶん、わたしのショーツはびしょびしょに濡れていたと思います。

彼はその濡れている感触を楽しむように
穴からクリトリスの間を指で何回も往復させるんです。

二本の指で割れ目を激しくこすりあげながら、
もうひとつの指でクリを執拗に弾いていきます。

私はなんとか声をこらえたけれど、息はかなり荒くなってきました。
彼の微妙なタッチがすごくじれったくて、
ほんのちょっと腰を浮かせもっと足を広げて
もっと強い刺激を求めるようになってしまいました。

やがてその指は私のショーツの脇から私のアソコを
剥き出しにしてその穴に指を挿入させてきたんです。

声にならない声で私は『いやぁああああ・・これ以上されたら』
もう、声を出さないようにするのも限界に来ています。

でも、いくらバスのエンジン音があるといっても、
ここは密室。誰かに気が付かれたら、
なんて妄想するとわらにもう堪らなく感じてきちゃいます。

私のそんな思いを感じとったのかのように、
彼の指はさらに奥へと侵入してきます。

わたしの恥ずかしく肥大したビラビラを弄りながら、
指1本を私の穴で掻き回し、何回も何回も指で往復させます。
じれったさと快感で、自然と太腿が震えてきちゃいます。

やがて2本に増えた指が複雑な動きをさせながら
さらに奥へ進んで、めちゃくちゃ濡れている穴を
いやらしく掻き回していきます。

『うぅいやぁ。久しぶりに気持ちいいっっ・・』
もう、わたしは快感をむさぶることしか頭にありませんでした。
久しぶりの感触に私はもう止まりません。

やがてわたしの最も敏感なクリトリスを直接触ってきました。
お汁でヌルヌルになった指先で、クリトリスの付け根を下からなで上げます。


そうされるともう私は我慢できなくなって、
「あっ・・あっ・・うぅぅ・・はぁっ・・」 って声が出てしまい、
ひざに掛けてあった毛布を口にあてて、毛布に顔をうずめて、
口に毛布をぎゅっと押しつけてやっと声を我慢しました。

彼の指の動きが、徐々に速くなってきます。クリトリスの頭を、
円を描くようにクリクリと撫でまわし皮を剥きあげていきます。

『旦那よりうまいかも・・・』こんなに気持ちいいのは初めて。
自分のクリトリスがこんなにも感じるなんて・・びっくりでした。

クリトリスを刺激させながらも穴の中の指は
さらに激しく穴を掻き回し、襞襞をこすり上げていきます。

どのくらい深く入れられたのかわかりませんが、その激しい刺激に、
クリトリスからの刺激だけで、もう狂いそうに気持ち良くて、
もういきそうになりました。
『見ず知らずの男の指でイカされちゃうよ~
もう我慢できないっ!・・イッちゃう・・』

指先で、その前兆を感じたのか、彼の指がさらに速く強く動きだしました。
穴の中の指は、中をえぐるような動きでもうふやける位になっているでしょう。

くちゅくちゅなんてかわいい音じゃありませんでした。
わたしの穴から聞こえてくる音は、もうぐちょぐちょっていう音です。

「うわぁ・・はぁっ・・・あっ、あっ、あっ・・」
もう我慢できないでも声も余り出せない、そんなもどかしい瞬間に
その男はぐっとわたしに近づいてきて、耳元でささやくように
「いっていいんだよ・・・我慢しないで・・ほら」
耳元で言われたのと、その刺激的な言葉でわたしは一気に昇りつめました。

私は毛布をかじり、握り締めて
「イクッ・・イクッ・・あぁっ!・・イッちゃうっ!」
「イキな!・・ほら、ほら!・・おまんこがピクピクしてるじゃん」
「あぁぁっ!・・うわぁっ・・いやっ!イクイクイクッ・・・イクゥ・・」
「イクッ!・・イックゥーーーッ!・・あぁぁぁぁっ!・・イクゥーーーッ!」
腰が大きくバウンドして、全身が硬直して・・彼の腕にしがみついてイッちゃいました。
私はいってしまいましたが、彼の指は、まだクリトリスの上と穴の中にあります。
クリトリスに当てられた指は、穴に入ってる指は、
収縮を繰り返す穴の中でまだ膣の壁を撫でまわしています。

今イッタばかりなのに、また快感の波が執拗にわたしに襲いかかってきました。
「いやぁ・・またっ・・またイッちゃう・・」
「エッチだね・・見ず知らずの男の指で行っちゃうの?もう1回、イクかい?」

さっきとは違って、彼の指の動きはすごく微妙でゆっくりなんです。
押しつけるような動きが、さらに深いエクスタシーを誘っているようでした。
「あぁっ!・・だめぇっ!・・またイクッ・・イクゥーーッ!」
「何回でもいっていいよ。好きなだけ」
そう言って、彼はわたしの耳に息を吹きかけました。

「あぁっ!・・イクイクイクッ!・・グゥッ・・イクゥゥゥゥッ!!!」
身体が大きく痙攣して、2度目にエクスタシーに達しました。

もう座席はわたしの愛液でかなり濡れていました。
身体の痙攣がなかなかおさまらず、
そのままビクンッ、ビクンッとしていたのです。

「まだ広島までは何時間もかかるよ。もっと感じちゃおうね」
彼の言葉にわたしは無言で頷きました。

2回もイカされたのに、もっといかせてもらいたいって
気持ちのほうが強く、これから何をされるのか期待をしている
自分が信じられませんでした。

ちょっと落ちついてから、恐る恐る彼の顔を見てみました。
暗がりの中に、おぼろげに見えた顔はコンビニで会って話をした
男の人だったんですだったんです。急に恥ずかしくなって、
毛布に顔をうずめてしまいました。

そしてしばらくすると今度は、
彼がわたしの両脚を開いてきたんです。
『えっ・・・今度は何?』

彼は両足の間に顔を埋めていって、太腿の内側にキスをしてきました。
まださっきの余韻が残る私はそれでだけビクンとしちゃって
身体が敏感に感じているのが彼にバレバレです。

秘密の出会い-潤恋


高速バスでいきました②

続きを読む

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : ***官能小説*体験談*h小説***
ジャンル : アダルト

高速バスでいきました①

高速バスでいきました①

高速バスでいきました

藍子 25歳


私が結婚してすぐの頃のことです。
私は広島の実家に帰るに当たって長距離バスを利用したのです。
旦那は仕事の関係から後で新幹線で来ることになっていました。

ちょっと時間がかかって嫌だったんですけど、
まあのんびり行こうかってことで長距離深夜バスにしたんです。

東京駅を駅を夜の11時頃に出発するバスでした。
出発場所に着くと、もうすでに何人かが待っていて、
私はその列の最後尾に並びました。

その後飲み物でも買っておこうって思って、
出発時間までまだ余裕があったので、近くのコンビニにジュースを買いに行きました。

そのコンビニで、ジュースを選んでいると、ふいに後ろから誰かが話しかけてきたんです。
「あれぇ・・さっき広島行きのバスの列に並んでなかった?」

振りかえると、私よりは年下っぽい男の人が立っていました。
結構爽やか系で、ちょっと好みだったかも。

「あ、はい」
なんだろうってナンパ?って思ったけど、
その人は気にもしないって感じで、明るいノリで話しかけてきました。

「広島へは帰省ですか?」
「ええ、まあ」
「そっか、俺もあっちが実家なんですよ」

そんなどうでもいいような会話をして、どうせやることないし、
暇つぶしにはいいかって思って、しばらく会話を続けました。

乗車時間になって、いよいよバスに乗り込みます。
その日はそれほど混んでいるというわけではなくて、
結構空席が目立っていました。

わたしの席は一番奥の窓際の席でした。
その他の席は、3列の独立シートでしたが、
私の席は最後部で独立シートではありませんでしたが、
最後部は私だけでしたので、
ほぼ独立シート状態でした。

わたしに話しかけてきた男の人は、
バスの中央部に腰掛けたようでした。

バスが走り始めて、1時間を過ぎた頃に消灯時間になりました。
車内の明かりが一斉に消えてすぐに
わたしは眠くなり、いつのまにか眠りに就いていました。

どのくらいたったでしょう。
なんとなく横に人の気配がしたんです。

最初はおぼろげだったんですが、
何か太腿に当たる感触がしました。

はじめは毛布がすれているのかなぁって思ったんですが、
そうじゃなく人の手だと段々とはっきりしていく意識の中で気わかりました。
それは男の人の手です。

私は怖いのも勿論会ったのですが、なんか朦朧とした意識の中にも気持ちよくって
主人ともご無沙汰で性的欲求に飢えていた私は、
両方の気持ちが入り混じりあい複雑な感覚で、
目を開けることができなくて、その後かなり意識ははっきりしていたのですが、
わたしは目を閉じたまま寝た振りを決め込みました。

妄想体験報告-潤恋

高速バスでいきました①

続きを読む

テーマ : ***官能小説*体験談*h小説***
ジャンル : アダルト

痴漢と本屋と私

痴漢と本屋と私




悠子 31才

私は4年前に結婚した主婦です。子供はいません。

晴れた昼下がり、お散歩と買い物ついでに古本屋さんへ立ち寄り、本を物色してた時のことです。

私は読書好きな方ですが、特に古本が好きです。あの甘いような独特の匂いが落ち着くんです。
ジャンルはわりとなんでも読むのですが、その日は夕飯の買い物前だったのでいつもの小説ではなく、レシピ本を眺めていました。
午後2時位だったでしょうか。
ふいにサラリーマン風の男が独り、私のすぐ横に立ちました。
男は棚の本を取る時に、私の肩にぶつかりました。

なんでこんなに近くに立つのかしら

少し不審に思いましたが、それよりもおかずを決めなければいけないので、またすぐ立ち読みに熱中。

ふと気付くと、私のお尻の辺りがモゾモゾします。
隣の男の荷物が当たっているのかと思いきや、それは間違いなく手でした。
こんな昼間から、本屋痴漢に遭ったのは初めてで、驚きのあまり声がでません。

本屋の店主であるおじいちゃんからは死角になっています。店番はそのおじいちゃんだけ、客は私とその男だけのようです。
私はそれだけ周りの状況を読み取り、レシピ本を置いて更に店の奥にある単行本のコーナーへと移動。
このまま何もなかったフリをしたらどうなるんだろうと思い、男を無視して普通に本を探しました。
案の定、私の後にぴったりと付いてくる男。
1冊の本を手に取り、パラパラとページをめくっていると、男はまた私のお尻を撫でました。
そのいやらしい手つき。
ゾクっとする筈なのに、しびれるような感覚が走るのは何故だろう・・・

私の意識は段々とお尻を這い回る男の手に集中してきました。
ずっとお尻を撫でていた男の手は、徐々に太腿の方へとずれていきます。
するりするりと、フレースカートがたくし上げられてきました。
私の太股が半分ほど露になったところで、男は下から持ち上げるように、下着のラインをグイとひっぱります。
普通のパンティがお尻に食い込み、Tバック状態。男はなおもパンティをグイグイと上に持ち上げ、小刻みに振動させます。

うっ・・・あっぁ・・・




痴漢と本屋と私

続きを読む

テーマ : ***官能小説*体験談*h小説***
ジャンル : アダルト

セックスの虜<

セックスの虜





恭子 33才


通勤のために毎朝乗る電車は痴漢で有名な路線。
若い頃は私もよく痴漢に遭いましたが、最近では月に一回あるかないか位です。
触られるのは気持ち悪いけど、痴漢も触りたくなるような魅力がなくなったのかな・・・なんて思うと、少し寂しかったりしますね。

先日、久々に遭遇しました。膝が見えるくらいのピッタリしたスカートに、やや身体のシルエットが出る黒いVネックのシャツを着ていました。
最初は荷物が当たっているのかなと思いましたが、どうやらはっきりとお尻を撫で回しているんです。
やはり一瞬ぞわっとします。片手で払いのけてみましたが、あまり効果がなく、もぞもぞと男の指がお尻を刺激します。

と、急に「あんた止めなさいよ」という男性の声。
痴漢の隣にいた男の人が、痴漢の手首を掴み、注意してくれたのです。
痴漢は次の駅で逃げるようにして下りていきました。
助けてくれた男性も降りる様子なので、私も釣られて降りました。

「あの、ありがとうございました」

後ろから彼に声をかけ、深々とお礼を言いました。

「いや、あの痴漢、駅員に突き出してやろうと思ったのに、逃げられちゃいましたよ」

背が高く、頭を掻きながら照れくさそうに笑う顔に、私はきゅんときてしまいます。
何かお礼をしたいと言ったのですが、気にしなくていいですと断られ、そのまま向こうへ行ってしまいました。
もっとお話がしたいな・・・そう思っていたので、少し残念でした。

しかし翌日、その彼を発見し、私はすかさず話しかけました。
どうしてもどうしてもお礼をしないと気が済まないので、会社帰りにでもおごらせて下さい、とお願いしたのです。
「そんなに気を遣ってもらわなくても」と、あくまでも拒否しようとするので、私も食い下がりました。

とうとう彼は折れて、「こんな女性とご飯食べられるチャンスなんてそうそうないかもな」と言ってOKしてくれたんです。

その日は1日中ソワソワしてしまい、仕事も上の空。
定時キッチリにタイムカードを押して会社を飛び出しました。
約束の時間まで1時間以上あるので、私は買い物へ。
新しい下着(しかも普段は買わない高級なものと、Tバック)を買い、ついでに、もしもの時のためにコンドームを購入。
私ってばいつになるエッチな気分になっていたんです。

約束の時間。改めて見ると、背が高くスラっとした身体にスーツが良く似合っています。
一般的なカッコイイというタイプではありませんが、人の良さそうな感じ。
身体の細い人はアソコが大きいなんて言うけど本当かな?
この人がセックスする時は、どんな風になるんだろう?

エッチがしたくてウズウズし出した私は、そんなコトばかり頭に浮かんできてしまいました。
ご飯を食べ、軽くお酒を飲むと、セックスしたい願望はいよいよMAXになってきました。

もう1件飲みに行きませんか?と誘いましたが、奥さんが待っているから、と予防線を張られます。
じゃあ、駅までご一緒しましょうと言って共に歩き出しました。
私は彼に腕を絡ませ、Dカップのおっぱいを擦り付けます。当然、酔ったフリをしながら。
彼は「大丈夫ですか?」なんて言いながら、私の腰に手を回します。
コレはイケるかもしれない。
自信が出てきた私は、「やっぱりもうちょっと飲みたいな」とおねだりしてみました。
彼は承諾。そのまま街の賑やかな方へ方向転換。

飲み屋街の奥にはラブホが立ち並ぶ一画があります。
どの見せに入ろうか?と悩むフリをしながら、私は彼を奥へ奥へと導きました。
やがて視界にラブホテルが入ります。
私は彼の腕を引っ張るように先に歩きましたが、次第に彼の方が先に歩き、何も言わずにラブホの前へ。そしてフロントへ。

エレベーターの中で、彼のアソコをそっと握ってみました。
「うあぁっ」
とへっぴり腰になりましたが、確かにもう硬くなり始めている感触。





セックスの虜

続きを読む

テーマ : ***官能小説*体験談*h小説***
ジャンル : アダルト

痴女になった日

痴女になった日






30歳 OL・主婦

結婚して郊外から通勤するようになって、
満員の車内に乗っている時間が長くなった分、痴漢の数も増えたんです。

その路線って朝夕どちらもずっとかなり込み合う路線で
身動きが取れなくなることもしばしば。

その路線で私はよく痴漢に遭うのですが、
今では朝も夜もで、軽いのも合わせると痴漢に遭わない日ないってくらいです。

子供ができたから会社を辞めて近所でパートでもしようかと思ったんだけど、
なんとなくそのままお仕事を続けていて、痴漢行為も毎回のように続いていました。

そんなある日、いつものように痴漢をしてくるやつがいて、
後ろからぴったり密着してお尻を撫で回してる痴漢の股間をギューって握り締めてやったんです。

そしたら痴漢が「う!?」って変な声を出したんです。
私の手の平にもグシュってなんかが潰れるような感触がしたんだけど、
自分が痴漢してる手前文句言えないみたいで必死に耐えてるんです。

楽しくなった私はキンタマみたいなのをギュウギュウ握って、
さらに上の竿部分も触ったんです。

そしたら、まだ固いままだったんです。
さらにその固いのも揉み揉みしてたら、
旦那とのセックスもだいぶご無沙汰で欲求不満だった
私は変な気分になってきちゃったんです。

その時は駅に着いたから慌てて手を離して電車を降りたんだけど、
痴漢に遭うとこの時のことを思い出して、また触りたくなっちゃうようになったんです。

痴女になった日

続きを読む

テーマ : 淫乱人妻
ジャンル : アダルト

潤恋・ダミー
成人認証

このブログはアダルトブログです。
18歳未満の方は
閲覧することができません。

また当サイト内の画像および文章の無断転用、無断掲載はだめです

<年齢認証>
あなたは18歳以上ですか?

はい / いいえ


お問い合わせ・相互リンク・投稿

名前:
メール:
件名:
本文:


人妻告白体験-潤恋-
■潤恋OPEN!■どんどん文章拡充していきます!官能文章投稿サイト・当ブログに文章投稿してくださる方、 ご連絡ください。私も協力予定です!
ラブリンク

最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
6247位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
64位
アクセスランキングを見る>>



アダルトブログランキングへ

人気出会いBLOG

裏アダルトランキングうらら

人妻100709_02

HIMEGURI-NET

BBS7.COM
MENURNDNEXT


無料アダルトアダルトナビゲーター

エログ-(エログランキング)

妻のH下着

エログ満載Erogger!



大人のブログランキング

告白痴態
FC2カウンター
淡々と百人一首
    最新コメント
    Graphical Clock neon
    Graphical Clock
    ioi.toot
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    複眼RSS
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ブロとも一覧

    細胞の欲望

    ドM・調教に魅せられて。。。

    公衆便器のちいたん日記

    出会い系攻略日記
    ユーザータグ

    人妻 セックス 連れ込み 痴女 痴漢 野外 ザーメン オナニー フェラ クンニ バイブ 青姦 看護婦 アナル 高校生 スワッピング パンスト 出会い系 レズ 白濁液 精液 病院 お尻 酔い 公園 変態 ナース ぶっかけ イタズラ レイプ 童貞 セフレ 近所 フェラチオ 年下 息子 不倫 大学生 ピストン ペニス ストッキング 出産  先輩 母乳 69 おしっこ シックスナイン Tバック 挑発 妄想 教習所 ガーター 海水浴場 保険  孕ませ アソコ 万引き 中田氏 親子丼 保育園 OL 剃毛 オーガズム カーセックス ディープキス  人妻教師本能 本能 レディコミ 秘密 クリ 覗き 淫乱妻 同窓会 公衆便所 女子大生 女教師 学生 浮気 マゾ 肉棒 フェチ 風俗 専業主夫 ピアス  ブラチラ 白昼 S女 ノーブラ ラガーマン 匂い SM 隣近所 コミュニティサイト 3P 宅急便 初体験 同級生 密室 公衆トイレ ワニ パート 強姦 知人  ベンチ 探偵 他人  路地裏 Fカップ モデル 飲み会 手マン ドロドロ 眼鏡 屋上 遊園地 淫乱 カリ攻め 観覧車 エレベーター 本屋 ベランダ 交換 アクメ 露出 撮影 ノーパン ドロドロザーメン 不貞婦人会 ファミレス しゃぶる 娘の彼氏 潮吹き 背徳 おちんちん 羞恥プレイ セールス 寝室 快楽 パイパン アルバイト 顔射 スパンキング バキューム 電マ 教師 連続 巨根 おじいちゃん 成人向け映画館 トイレ 風呂 ピンク映画 色白 カウパー 精子 処女 

    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    カテゴリ
    リンク▼
  • 管理画面
  • ナイト2000

    ■■■■■■■■■■■■■

    出会い系情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。