FC2ブログ

人妻淫乱告白書不貞婦人会公認、人妻達不倫、性体験、人には言えない性癖等の赤裸々な体験談を告白して頂いています

人妻淫乱告白書
-淫乱映画館-淫乱告白-ファミレス征服-羞恥告白-中出しが好き-淫乱すぎる人妻-おばさんの裸-パイパン夫婦-女装マゾ奴隷-潮吹き小説-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見知らぬ大学生 第1話

見知らぬ大学生 第1話

見知らぬ大学生

美和子 27才



18歳で妊娠、20歳で結婚、出産。旦那は1つ年下です。
中学、高校と女子校だった私は大学生になり、今の旦那にひっかかってしまい妊娠したというわけ。当然、大学は中退。
ですから、旦那以外に男の人は知りません。

昔から童顔でチビ。おまけに目が悪くいつも眼鏡。
周りから女性として見られたことのなかった私は、初めての男に全てを捧げてしまったのです。

そういう人も世の中にはいっぱいいるし。
友人たちはそう言います。
しかし、子供も小学校に通い始め自分の時間が増えるにつれて
なんかつまらない気がする・・・
と、漠然とした思いが体の内側から湧いてきました。

27歳という年齢はさほど若くはないけれど、まだまだ色々できるんじゃないかなぁ
なんて、夫も子供もいるのに、そんな事を考えてしまう。

とある日曜日。モヤモヤした気分を払拭しようと思い
子供を旦那に任せ、私は一人街へ買い物へ。
久々のショッピング。(当然、大したものは買えないんですけど)
暫くこないうちに、駅ビルの中の様子も大分変わっていました。
今はこんなのが流行ってるのか・・・

一通り見て回った後、休憩のために喫茶店に入りました。
隣には大学生くらいのカップル。
独りで喫茶店やファミレスなんかに行くと、ついつい隣の会話が気になるというか、耳に入ってきてしまいます。

女「この前も言ったけどさぁ、何とかなんないわけ?」
男「だからさ、今ここで話すことじゃないでしょ」
女「じゃあどこで話せばいいの?家じゃ私の話なんて聞いてくれないじゃない」
男「分かったからさぁ、もう少し声小さくしてよ」
女「何よ?アンタが浮気するからいけないんでしょ!?」
男「・・・わかってるって。お願いだから声・・・・」
女「もういいわよ!私の話より周りの目が気になるなんて最低ッ!!!」

女は捨て台詞を吐き、勢いよく立ち上がり退場――
おそらく、私以外の人もこの2人に釘付けだったに違いありません。
まるでドラマのワンシーンを見ているようでした。

男が独り残り、周りのお客さんたちは何事もなかったかのように、
それぞれ会話したり読書したり。
私は何となく取り残された男の方を眺めると

「聞こえてました・・・よね?」

恥ずかしそうに頭をかきながら喋りかける男。

駅で独り、階段につまずいた時なんかの気まずさに似てる。
多分この男も、独りで黙っているのが苦痛だったんだろうな。
瞬時にそう悟りました。

「えぇ・・・でも、あんな大声でなくても、ねぇ?」

慰めるように言うと、男はあははと笑いました。
笑いながら、少し泣きそうな様子になっているのが可愛くて。

「ねぇ、よかったら焼肉行きません?」
「・・・は?」
「フラれた後は景気良く!奢ってあげるよ」
「え、でも」
「よし!そうしよう!!」

私は強引に彼をひっぱり焼肉屋へ。
男はキョロキョロして困ったようにしていましたが、私の後へ付いて来ました。

「嫌なことはこの際忘れちゃおうよ」
「ん~そうっすね!姉さん、飲みましょう!!」

もお肉もこれでもかという程注文し、勢い良く平らげていきました。

焼肉を一緒に食べる男女は・・・どうのこうの
というフレーズが頭を回っていました。
いいえ、酔いが回っているのでしょうか?
久々に大量に飲みました。お肉をこんなに食べたのも久しぶりです。

「姉さん、聞いてくださいよ、アイツ・・・って、聞いてる??」

大分酔いが回っているのか、男は顔を赤らめながら語り出します。

「はいはい、姉さんは聞いてますよ。でもアナタはフラれたんだから、彼女のことは忘れなさい」
「いやね、あの女、俺から別れてやろうと思ってたんですよ」
「強がりは、かっこ悪いよ」
「いや、あの喫茶店で充分かっこ悪いし。姉さんには見られてるし」
「そりゃそうだ」
「あんな女より姉さんの方が全然いい女だよ」

酔っ払いの言葉に、一瞬ドキっとしてしまいました。

「私なんて子供っぽいし、アナタの彼女、いや元彼女、相当きれいな人じゃない」
「あんな奴、全然だよ。エッチの時もマグロだし」
「マグロって、それはアナタの腕が悪いんじゃ・・・・」
「うわ、ひでぇ。じゃあ確かめてみる?」

さっきより赤い顔をした男。目が完全にすわってきている様子。
私はおで痺れた頭を使って考えてみる。
このままおのせいにして、この男に抱かれてみたい。
旦那以外の男は、どんなセックスをするんだろう。





ラブリンク
見知らぬ大学生 第1話

続きを読む

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : ***官能小説*体験談*h小説***
ジャンル : アダルト

イタズラ

イタズラ

イタズラ



友子 41歳

結婚15年目、まさか私自身が浮気をしようとは思いもしなかったのですが・・・
主人以外の男性に抱かれてしまいました。

主人と結婚してすぐの頃、私は1度主人以外の男性と性交渉をもちました。
それは半分犯されるような状況で、当時の勤め先の上司に無理矢理といった形。私にとってとても不本意なものでした。

しかし、今回は違うんです。

遡る事数週間前、中1の娘が熱を出してしまったので、病院へ連れて行きました。
先生は30歳過ぎたばかりでしょうか。あどけない童顔で、とてもお医者さまには見えない可愛らしい男の先生でした。

聴診器を当てるため、娘が洋服の前を開くと、ちょっと顔が赤くなっていまって。
自分が診察されるわけでもないのに、私はどきどきしてしまいました。
緊張とは違う、この感覚は何だろう。

暫くボーっとしている間に診察は終わっていたらしく。
「お母さん、どうしたの?」
などと娘に聞かれてしまいました。
私は急に我に帰り、先生に頭を下げると、そそくさと診察室を後にしました。
気付けば、顔から汗が出ていました。
「お母さん大丈夫?私の風邪が伝染ったのかな??」
心配顔の娘に適当に相槌をうちながら、私はある考えに捕らえられていました。

「あの先生とセックスしたい」

今までそんな感情を、主人をはじめ男性に抱いたことはありません。
どうかしてしまったのかしら?と思いながらも、私と先生のセックスするシーンが頭の中に生々しく再現され、どうしようもなく身体が疼いてしまうのです。

家に帰り、娘が寝たのを確認すると、私はソファーに座りながら指でクリトリスに触れてみました。
オナニーなんて、もう随分していませんでした。

「んっ・・・・」
指先が先端に触れると、体がビクっとしてのけ反ります。
そのままコリコリと摘むと、段々と割れ目から密が溢れ出してきます。
その密を指先で掬い取り、再びクリトリスを撫で回します。
くすぐったい様な感覚から、一転強烈な刺激、快感へと変わります。
硬く尖ったクリトリスを思う存分慰めてから、人差し指と中指をゆっくりと膣の中へ滑り込ませました。

グチュっという音を立てて、指の付け根まではいってしまいます。
そのまま私は大きなストロークで指を出し入れ。

「先生・・・・」
時には私が先生のモノを舐め、
時には先生が私を愛撫し・・・・
先生とのセックスを思い浮かべながら、何度も何度も頂上を迎えました。


*   *   *

毎日の様に先生とのセックスを思い浮かべて自慰していた私は、とうとう我慢できなくなり、病院へと向かいました。
当然、私の身体はどこも悪くないのですが、熱があると言って診察してもらう事にしました。

診察室に入ると、ここ数日毎日の様に想像の中で身体を重ねていた男の顔がありました。
私は軽く深呼吸してから椅子に腰掛け、服の裾を持ってガバっと捲りました。

私はノーブラでした。

先生は一瞬大きな目を剥いて、次に顔が真っ赤になりました。
幸い、同じ部屋の中にいる看護婦は何かしている様子で私の行動に気付いていません。
先生は聴診器を当てるのも忘れたといった風にゆでだこ状態です。



続きを読む

テーマ : ***官能小説*体験談*h小説***
ジャンル : アダルト

我慢できずトイレに引きずり込みました

我慢できずトイレに引きずり込みました





知恵 38才

満たされない性欲を、最初は独りで慰めていました。
自分の指でクリトリスを弄るだけでは物足りなくなり、そのうちバイブを購入。
当初はそれで満足していたのに、やはり本物が恋しくて。
次第に私は色んなところで自分から誘うような、いやらしい女になりました。
この歳で誘っても誰も相手にしないだろう。
そう最初は思ったのですが、何も知らない他人だとかなり大胆になれるものなのです。

ある日、買い物の帰り道。
道端でキスをする男女を目撃。かなり激しい(ディープな)感じで、身体を密着させ、軟体動物が絡み合っているようでした。
キスの現場を目撃するなんて、よくあることなのですが、私はかなりムラムラと来てしまいました。
おまんこがジンジンと疼きどうしようもありません。

私はデパートのトイレに入り、便座に腰掛けると指でくちゅくちゅと弄り始めます。
紳士服売り場の会のトイレだったので、女性のトイレ利用客は少なく、私が入っていた時は誰もいなかったのです。

「んっ、あっ、あああっ・・・」
声を出しても誰もいない。
その安心感で、私は家でするオナニーと同じように、じっくりとクリトリスを捏ね回します。

「あああああっ」
絶頂の寸前までくると、ガタリと大きな音が鳴りました。
驚いて耳を澄ますと、恐らく掃除のおばちゃんでしょう。ガタガタという音が聞こえました。
扉ひとつ隔てた向こうに、誰かがいる・・・
そう思いながらも、おまんこを弄る指を止めることができません。
むしろその罪悪感と緊張感が快感をより一層高めるようです。
私は声を押し殺し、絶頂に達しました。

水を流し個室を出ると、掃除のおばさんがちょうどトイレットペーパーを付け替える作業の最中。
私は顔を見られないように、そそくさとトイレを出ました。
俯いて早足で歩いていたせいもあり、思いっきり人にぶつかり、尻餅をつきました。

ぶつかったのは、ネクタイでも購入したのか、小さめの紙袋を提げた40~50歳くらい、スーツ姿の男性でした。
私の手首をグイと掴み、大丈夫ですか?と言いながら引っ張ります。

手首から伝わる男の体温で、私はまた疼いてくる自分を感じました。
立ち上がりながらよろめいて、私は男に抱きつきました。

「おっと、大丈夫ですか」
「あ、はい。こちらこそすみません。あ、ゴミ・・・」
ゴミをとるフリをして、男のスーツの裾あたりを軽く払います。
その際、前かがみになった私の谷間に男の視線が向けられているのを感じました。
男の方でも意識している・・・私はそう直感しました。
そしてそのまま、手の甲でさりげなく股間を掠めます。
すこし膨らんだ感触があります。





我慢できずトイレに引きずり込みました

続きを読む

テーマ : ***官能小説*体験談*h小説***
ジャンル : アダルト

娘の彼氏の肉棒が欲しい・第二話

娘の彼氏の肉棒が欲しい・第二話




凪子  45才


薄っすらと空が明るくなりかけた時間、ふと目の覚めた私。
昨晩、欲望にまかせて自慰に耽り、そのまま寝てしまったのか、パンティが枕元に脱ぎ捨てられ、キャミソールからは片方の乳房が丸見えになっていました。
昨夜の一連の事を思い出し、顔が火照ります。
頭を冷やそうとキッチンへ向かいました。
冷蔵庫の水をペットボトルのままグビグビと飲みました。
頭は冷えるどころか、このキッチンという場所に来たことで、また淫らな思いが蘇ってくるようです。
水道の蛇口を捻り、で顔をバシャバシャと洗いました。
頬が熱い。いや、おまんこがまだジンジンと疼いているのです。

タオルで水気を拭き取り、顔を上げると、リビングから彼がこちらにくるところでした。
声を潜めて「おはようございます」という彼。
上半身裸でトランクス一枚の状態。しなやかな肉付きの男の身体。力強いこの腕が、昨日は私の娘を抱いたのか・・・

どうしようもなくムラムラときてしまう私。
そのまま彼の胸に顔を埋めました。

「え・・・ちょっ、ちょっと?」

彼は慌てているようでした。私は彼の胸に凭れかかったまま、右手で竿を撫で上げます。
小さくてフンニャリとしていたペニスは、即座に元気を取り戻し、逞しく硬くなっています。

「来て・・・」

彼の手を引き、私の寝室へと招き入れました。

「お・・・お母さん、それはさすがに・・・ねぇ」
「こんなオバチャンは嫌かしら」
「いや、そういうんじゃないけど・・・」
「お願い」

私は身に着けているもの全てを脱ぎ捨てて、一糸纏わぬ姿になりました。
オロオロとする彼の首に手を回し、ねっとりとしたキス。
もう一度竿を撫で上げると、もうガチガチに硬く反り返っているようでした。

「おチンチン頂戴」

トランクスを下ろし、イキのいい立派なペニスを頬張ります。
唾液をたっぷりと垂らしながら、舌先を回転させるように亀頭を責め、カリを丹念に舐め、裏筋を刺激して、玉を優しく転がします。
嗚咽が出るほど深く深く咥え込み、吸い上げて――

「あっ・・・出るっ、出るっ」

小さく呻くような声を発したかと思うと、若い人らしい勢いのある精子が私の口いっぱいに広がりました。
ほろ苦くて、ドロっとした美味しい精子。
私は全てを飲み干しました。



娘の彼氏の肉棒が欲しい・第二話

続きを読む

テーマ : ***官能小説*体験談*h小説***
ジャンル : アダルト

高校生の性教育・第一話

高校生の性教育・第一話




亜佐美 35才


私の会社は通勤ラッシュとは無縁の場所。混雑する上り列車と逆方向の電車内は空いていてとても快適です。
いつものようにガラガラの座席に腰掛け、文庫本を取り出して読みふけっていました。
ふと視線を感じて顔を上げると、正面に座っている高校生と目が会いました。
高校生は顔を赤らめるとすぐに視線を逸らしました。
かわいいな。と、思いました。
大人しくて内気そうな男の子です。

それからまた本に目を落とし、文字を追っていたのですが、何となくさっきの男の子が気になって。
再び顔を上げて正面を見ると、やはりこちらを見ているようでした。
しかし、今度は目が会いません。
どうやら私のスカート辺りを凝視しているようでした。
膝より少し上くらいの丈のスーツのスカート。私はわざと閉じていた膝頭を開きました。
その瞬間、男の子の目が少し変わるのがわかりました。

なんだか楽しくなってきた私は、そのまま寝たフリをしてみます。
徐々に膝の間隔を広げます。
はっと今気付いたように目を開き、今度は脚を組みました。
男の子は相変わらず私の脚を凝視しています。

次の駅で数人が乗り込んできました。
さすがにこれだけ人がいると、あまり大胆なことができません。
私は立ち上がり、男の子の隣に座りました。
高校生は驚いたように体を硬くします。緊張している様子がひしひしと伝わってきて、私は衝動を抑えきれなくなってきました。

大して混雑しているわけでもないのに、男の隣に隙間がない位にぴったりと体を寄せて座ります。
そして暑くもないのにジャケットを脱ぎ、ピッタリめの光沢のあるカットソー姿になりました。襟首の大きく開いているタイプです。
ここで私はもう1度寝たフリ。
不自然に思われない程度にたまに頭を男の子の肩にぶつけたりします。

チラっと薄目を開けてみると・・・
グレーの制服のズボン、その股間は明らかに盛り上がって見えました。
そのまま掴みたい衝動を抑えます。

やがて終点に到着。私は男の子が降りるタイミングに併せて電車を離れると、声をかけました。

「私の脚、見てたでしょう。」
「あ・・・いやその、あの、は、はい」
しどろもどろです。私はホームの人影がまばらになるのを確認すると、彼の股間を掴みました。
「こんなに硬くしちゃってる・・・」
ズボン越しに触れたペニスが思わず大きくて、私の下半身が疼きました。



高校生の性教育

続きを読む

テーマ : ***官能小説*体験談*h小説***
ジャンル : アダルト

潤恋・ダミー
成人認証

このブログはアダルトブログです。
18歳未満の方は
閲覧することができません。

また当サイト内の画像および文章の無断転用、無断掲載はだめです

<年齢認証>
あなたは18歳以上ですか?

はい / いいえ


お問い合わせ・相互リンク・投稿

名前:
メール:
件名:
本文:


人妻告白体験-潤恋-
■潤恋OPEN!■どんどん文章拡充していきます!官能文章投稿サイト・当ブログに文章投稿してくださる方、 ご連絡ください。私も協力予定です!
ラブリンク

最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
8917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
138位
アクセスランキングを見る>>



アダルトブログランキングへ

人気出会いBLOG

裏アダルトランキングうらら

人妻100709_02

HIMEGURI-NET

BBS7.COM
MENURNDNEXT


無料アダルトアダルトナビゲーター

エログ-(エログランキング)

妻のH下着

エログ満載Erogger!



大人のブログランキング

告白痴態
FC2カウンター
淡々と百人一首
    最新コメント
    Graphical Clock neon
    Graphical Clock
    ioi.toot
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    複眼RSS
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ブロとも一覧

    細胞の欲望

    ドM・調教に魅せられて。。。

    公衆便器のちいたん日記

    出会い系攻略日記
    ユーザータグ

    人妻 セックス 連れ込み 痴女 痴漢 野外 ザーメン オナニー フェラ クンニ バイブ 青姦 看護婦 アナル 高校生 スワッピング パンスト 出会い系 レズ 白濁液 精液 病院 お尻 酔い 公園 変態 ナース ぶっかけ イタズラ レイプ 童貞 セフレ 近所 フェラチオ 年下 息子 不倫 大学生 ピストン ペニス ストッキング 出産  先輩 母乳 69 おしっこ シックスナイン Tバック 挑発 妄想 教習所 ガーター 海水浴場 保険  孕ませ アソコ 万引き 中田氏 親子丼 保育園 OL 剃毛 オーガズム カーセックス ディープキス  人妻教師本能 本能 レディコミ 秘密 クリ 覗き 淫乱妻 同窓会 公衆便所 女子大生 女教師 学生 浮気 マゾ 肉棒 フェチ 風俗 専業主夫 ピアス  ブラチラ 白昼 S女 ノーブラ ラガーマン 匂い SM 隣近所 コミュニティサイト 3P 宅急便 初体験 同級生 密室 公衆トイレ ワニ パート 強姦 知人  ベンチ 探偵 他人  路地裏 Fカップ モデル 飲み会 手マン ドロドロ 眼鏡 屋上 遊園地 淫乱 カリ攻め 観覧車 エレベーター 本屋 ベランダ 交換 アクメ 露出 撮影 ノーパン ドロドロザーメン 不貞婦人会 ファミレス しゃぶる 娘の彼氏 潮吹き 背徳 おちんちん 羞恥プレイ セールス 寝室 快楽 パイパン アルバイト 顔射 スパンキング バキューム 電マ 教師 連続 巨根 おじいちゃん 成人向け映画館 トイレ 風呂 ピンク映画 色白 カウパー 精子 処女 

    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    カテゴリ
    リンク▼
  • 管理画面
  • ナイト2000

    ■■■■■■■■■■■■■

    出会い系情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。