FC2ブログ

人妻淫乱告白書不貞婦人会公認、人妻達不倫、性体験、人には言えない性癖等の赤裸々な体験談を告白して頂いています

人妻淫乱告白書
-淫乱映画館-淫乱告白-ファミレス征服-羞恥告白-中出しが好き-淫乱すぎる人妻-おばさんの裸-パイパン夫婦-女装マゾ奴隷-潮吹き小説-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大手コミュニティサイトで相手を探す

大手コミュニティサイトで相手を探す

大手コミュニティサイトで相手を探す


敏子 38歳


38歳になる主婦です。

最近主人ともご無沙汰な私は、
自分の抑えきれない性的欲求を解消するために
大手コミュニティを利用しています。

今までは普通の成人男性が多いんですが、
先日知り合った男性と言うよりも男の子はなんと
16歳でうちの息子よりも年下なんですよ。

メールでやり取りをしていて、
かなりの年下だってわかって、
「私かなりのおばさんだよ」っていったんですが、
彼のほうがかなり積極的で、メールのやり取りが続いたんです。

正直言って今までに出会ったどの人よりも話もあって、
面白くエッチな話しも抵抗無かったです。

そのうちに何回か会いたいって何度も言われ、
ついに会ってしまったんです。

約束の日に私は指定された場所に指定された格好で
ちょっとドキドキしながら向かいました。

約束の場所で待ってると、
すぐにその彼はやって来ました。

私の車で海沿いを走りながら話しているうちに
彼の手は私の体をまさぐり、その手が段々と短めのスカートで
あらわになっている私の太ももを撫で回してきたんです。

ハンドル握ってたから放っておいたら、
慣れてきたのか次第に大胆に触ってきて、
私の胸を厭らしくこねくり回し始めてきたんです。

その手馴れた手つきに思わず
「あっ・・」って声をあげてしまいました。

彼はその声を聞くとニヤニヤしながらも今度は私の胸を
下からまさぐりブラをよけ私の乳輪と乳首を撫で回します。
「この子何でこんなに手馴れているのかしら。上手だわ・・・」

彼はやがて私の息が上がっているのをみてストレートに、
「セックスさせてよ」っていいながらももう、
戸惑ってる私に構わず、彼はもうしっとりと湿っている私の
アソコに指をスカートの奥の中にまで手を入れてきました。

もうかなり感じてしまっている私は、
このままだと危ないとかんじて、路肩に車を止めました。

でも彼の指は私のショーツの上から
敏感なクリと割れ目に沿って撫で回し続けます。

横をかなり頻繁に車が通り過ぎるのに彼は私を弄ることをは止めません。
私もそんな上手な愛撫にかなり感じてしまって、
ばれるかもしれないと言う気持ちも合わさって思いっきり感じてしまい、
いやらしい声をあげ、アソコは自分でもわかるくらい
びちょびちょに濡れてきてしまいました。

私も我慢できなくなり「いいわよ、セックスしましょうよ」
でもいくら何でもこんなとこじゃ、と諭し移動しました。

秘密の出会い-潤恋


大手コミュニティサイトで相手を探す

続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

テーマ : ***官能小説*体験談*h小説***
ジャンル : アダルト

高速バスでいきました②

高速バスでいきました②

高速バスでいきました


藍子 25歳


そんな様子をみてその指はもっと激しくクリトリスを爪の先で
引掻くように弄ってきます。

私はものすごい感じてきちゃって、
私のアソコからはさらにいやらしい液体が止め処も無く溢れてきているようで
たぶん、わたしのショーツはびしょびしょに濡れていたと思います。

彼はその濡れている感触を楽しむように
穴からクリトリスの間を指で何回も往復させるんです。

二本の指で割れ目を激しくこすりあげながら、
もうひとつの指でクリを執拗に弾いていきます。

私はなんとか声をこらえたけれど、息はかなり荒くなってきました。
彼の微妙なタッチがすごくじれったくて、
ほんのちょっと腰を浮かせもっと足を広げて
もっと強い刺激を求めるようになってしまいました。

やがてその指は私のショーツの脇から私のアソコを
剥き出しにしてその穴に指を挿入させてきたんです。

声にならない声で私は『いやぁああああ・・これ以上されたら』
もう、声を出さないようにするのも限界に来ています。

でも、いくらバスのエンジン音があるといっても、
ここは密室。誰かに気が付かれたら、
なんて妄想するとわらにもう堪らなく感じてきちゃいます。

私のそんな思いを感じとったのかのように、
彼の指はさらに奥へと侵入してきます。

わたしの恥ずかしく肥大したビラビラを弄りながら、
指1本を私の穴で掻き回し、何回も何回も指で往復させます。
じれったさと快感で、自然と太腿が震えてきちゃいます。

やがて2本に増えた指が複雑な動きをさせながら
さらに奥へ進んで、めちゃくちゃ濡れている穴を
いやらしく掻き回していきます。

『うぅいやぁ。久しぶりに気持ちいいっっ・・』
もう、わたしは快感をむさぶることしか頭にありませんでした。
久しぶりの感触に私はもう止まりません。

やがてわたしの最も敏感なクリトリスを直接触ってきました。
お汁でヌルヌルになった指先で、クリトリスの付け根を下からなで上げます。


そうされるともう私は我慢できなくなって、
「あっ・・あっ・・うぅぅ・・はぁっ・・」 って声が出てしまい、
ひざに掛けてあった毛布を口にあてて、毛布に顔をうずめて、
口に毛布をぎゅっと押しつけてやっと声を我慢しました。

彼の指の動きが、徐々に速くなってきます。クリトリスの頭を、
円を描くようにクリクリと撫でまわし皮を剥きあげていきます。

『旦那よりうまいかも・・・』こんなに気持ちいいのは初めて。
自分のクリトリスがこんなにも感じるなんて・・びっくりでした。

クリトリスを刺激させながらも穴の中の指は
さらに激しく穴を掻き回し、襞襞をこすり上げていきます。

どのくらい深く入れられたのかわかりませんが、その激しい刺激に、
クリトリスからの刺激だけで、もう狂いそうに気持ち良くて、
もういきそうになりました。
『見ず知らずの男の指でイカされちゃうよ~
もう我慢できないっ!・・イッちゃう・・』

指先で、その前兆を感じたのか、彼の指がさらに速く強く動きだしました。
穴の中の指は、中をえぐるような動きでもうふやける位になっているでしょう。

くちゅくちゅなんてかわいい音じゃありませんでした。
わたしの穴から聞こえてくる音は、もうぐちょぐちょっていう音です。

「うわぁ・・はぁっ・・・あっ、あっ、あっ・・」
もう我慢できないでも声も余り出せない、そんなもどかしい瞬間に
その男はぐっとわたしに近づいてきて、耳元でささやくように
「いっていいんだよ・・・我慢しないで・・ほら」
耳元で言われたのと、その刺激的な言葉でわたしは一気に昇りつめました。

私は毛布をかじり、握り締めて
「イクッ・・イクッ・・あぁっ!・・イッちゃうっ!」
「イキな!・・ほら、ほら!・・おまんこがピクピクしてるじゃん」
「あぁぁっ!・・うわぁっ・・いやっ!イクイクイクッ・・・イクゥ・・」
「イクッ!・・イックゥーーーッ!・・あぁぁぁぁっ!・・イクゥーーーッ!」
腰が大きくバウンドして、全身が硬直して・・彼の腕にしがみついてイッちゃいました。
私はいってしまいましたが、彼の指は、まだクリトリスの上と穴の中にあります。
クリトリスに当てられた指は、穴に入ってる指は、
収縮を繰り返す穴の中でまだ膣の壁を撫でまわしています。

今イッタばかりなのに、また快感の波が執拗にわたしに襲いかかってきました。
「いやぁ・・またっ・・またイッちゃう・・」
「エッチだね・・見ず知らずの男の指で行っちゃうの?もう1回、イクかい?」

さっきとは違って、彼の指の動きはすごく微妙でゆっくりなんです。
押しつけるような動きが、さらに深いエクスタシーを誘っているようでした。
「あぁっ!・・だめぇっ!・・またイクッ・・イクゥーーッ!」
「何回でもいっていいよ。好きなだけ」
そう言って、彼はわたしの耳に息を吹きかけました。

「あぁっ!・・イクイクイクッ!・・グゥッ・・イクゥゥゥゥッ!!!」
身体が大きく痙攣して、2度目にエクスタシーに達しました。

もう座席はわたしの愛液でかなり濡れていました。
身体の痙攣がなかなかおさまらず、
そのままビクンッ、ビクンッとしていたのです。

「まだ広島までは何時間もかかるよ。もっと感じちゃおうね」
彼の言葉にわたしは無言で頷きました。

2回もイカされたのに、もっといかせてもらいたいって
気持ちのほうが強く、これから何をされるのか期待をしている
自分が信じられませんでした。

ちょっと落ちついてから、恐る恐る彼の顔を見てみました。
暗がりの中に、おぼろげに見えた顔はコンビニで会って話をした
男の人だったんですだったんです。急に恥ずかしくなって、
毛布に顔をうずめてしまいました。

そしてしばらくすると今度は、
彼がわたしの両脚を開いてきたんです。
『えっ・・・今度は何?』

彼は両足の間に顔を埋めていって、太腿の内側にキスをしてきました。
まださっきの余韻が残る私はそれでだけビクンとしちゃって
身体が敏感に感じているのが彼にバレバレです。

秘密の出会い-潤恋


高速バスでいきました②

続きを読む

テーマ : ***官能小説*体験談*h小説***
ジャンル : アダルト

平日午後3時、配達員と

平日午後3時、配達員と

平日午後3時、配達員と


さゆり 30代 主婦

3年位までは週1でしていたのに、それが2週間に1回、月に1回、3ヶ月に1回とみるみる減って・・・今は完全にレス状態。
2年前にしたのが最後です。

若くはありませんが、私も女です。
欲求不満になります。何度か夫とも話し合いをしましたが、結局何も改善されず。むしろ余計に私を敬遠しているのか、最近では浮気の兆候も見えます。
完全に夫への興味を失った私。去年は出会い系にハマり、週に2回位のペースで、様々な男性と関係を持ちました。
結婚前にセックスした人数は3人。明らかに結婚してからの方が性欲が抑えきれなくなっています。

さて、そんな出会い系にも飽きてきた頃、こんな事がありました。

■ □ ■ □ ■ □


平日の午後3時。確か8月の暑い暑い日。
外へ出かけて帰ってきた時間が、ちょうど一番暑い時間で、私は汗びっしょり。
気持ちが悪いので、そのままバスルームへ直行し、シャワーを浴びていました。
すると玄関のチャイムが。
どうせ何かのセールスだから無視しようと思っていたのですが

湯上りの格好で出て行ったらどんな反応をするんだろう?

と、急にそんなコトを思いつきました。
濡れた髪の毛を軽く拭き、大振りのバスタオルを身体に巻いて玄関へ。
これで玄関を開けると女性が!
なんてことになったら、「あの家の奥さんは変態だ」って噂がたつかもしれない。
玄関まで来て急に怖気づいたものの、もう「はーい」と返事してしまった以上、出ないわけにはいかない。

ゆっくりと扉を開けると、真っ赤な帽子を被った若い男性が立っていた。手にはダンボールを持っています。
扉を大きく開けないと、荷物の受け取りはできません。
私は意を決して勢いよく扉を開けました。
・・・勢いがよ過ぎて、配達員さんの肘を扉でぶつけてしまいました。

「いてっ」
「あっ、ごめんなさいっ」

私があわてて駆け寄ると、配達員さんの顔はみるみる内に真っ赤になりました。
なんと、私も慌てていたためにタオルの前が外れてほぼ腰巻状態になっていたのです。


必ず出会える ラブリンク

平日午後3時、配達員と

続きを読む

テーマ : ***官能小説*体験談*h小説***
ジャンル : アダルト

高校生の彼

高校生の彼

高校生の彼

ハル 27歳


私は結婚して7年目の27歳の主婦です。
主人は9歳年上の36歳で、4歳の子供がいます。

よく不倫の話は耳にしますがまったくの他人ごとで、
ちょっとしたきっかけからいま年下の男の子にはまっています。

相手はパート先のバイト君で高校3年生。
私もさすがにビックリしたんですが、
「好きです、付き合って下さい。」って告白されちゃったんです。

でも、一応「あたし、25のオバさんよ。結婚しているし・・」
(3つサバを読んでいる)って断ったんですが、

告白も一回だけじゃなくて何回も真っ赤になりながら
「1度でいいからデートして下さい。」って言われて、
なんかかわいくなってきちゃって「1回ぐらいイイかなっ!」って
OKしてしまいました。

デートといっても、とりあえず軽く食事して、
映画見て、カラオケして帰ってくるつもりだったんです。

高校生と話とか合うかなってちょっと心配だったんだけれども、
彼が必死に話をあわせようと言うのが
ものすごくわかってかわいくて、以外と楽しかったです。

その日はがんばって少し露出度の高い服を着ていたんで、
ずっと彼の視線を胸の谷間とか、
ちょっとひらき気味の短めのスカートの中
とかに感じていたんです。

だから次のカラオケ店でもわざと足を組み替えたり、
わざとかがんでみたり、彼と腕を組んでわざと
胸が当たるようにしてみたり、
お尻にも触れるように挑発してみたんです。

そしてあんまりにも彼の視線を感じるもんだから、
少し酔っていたせいもあってわざと
「あー、エッチィ」って言って彼のアソコを見てみると、
彼って真っ赤になって否定したんだけど、
どう見ても股間が大きく膨れてる感じ。

そしてもっと大胆に彼の横にピッタリくっついて
「彼女いないの?」
「いないよ」「じゃあ、女の子と付き合った事は?」
「無い」「ウソ! カッコイイのに?」
「ウソじゃないよ。ホントにないんだよ」 

ますますかわいくなって、いたずらしたくなったので
「じゃぁこんな事したことないの?」って
キスして胸に手を持って行ったの。

それから手を添えたまま回すように触らせてあげたんだけど、
そのうち手が自分で動くようになって、
私もさらにもっと大胆に「じかに、触ってみたい?」
なんて誘いながらも彼の手を服の中へ入れてあげました。

彼も最初こそ戸惑っていたんだけれども、
童貞の割にはどこで勉強してきたんだか、
段々慣れてきて私の感じるところをいじってきます。

私もそのうちブラの中に指が進入して、
乳首を集中攻撃されたら感じてきちゃって
「したいの?」「う、うん。」
「ココじゃぁダメだから、ホテル行く?」「うん。」
もうたまんなくなって自分からラブホへ誘っちゃいました

移動中も彼はもうやりたくて仕方が無いのか
私の乳首やアソコをずっといじってきて
私のアソコはもうグショグショに濡れてしまっていました。

酔っているのと、しばらくご無沙汰してるのと、
さっきまでのでもう私もいやらしい汁が滴り落ちるようになってきたので、
部屋に入ったとたん、私から抱きついて
キスしながらベッドに押し倒してしまいました。


高校生の彼

続きを読む

テーマ : ***官能小説*体験談*h小説***
ジャンル : アダルト

職場でのレイプ体験

職場でのレイプ体験

職場でのレイプ体験

なお 24歳

私は24才で派遣で男性の営業社員のサポートをしている主婦です。
この間、サポートしている営業の男性にレイプされました。 

その仕事先は、海外ともやり取りしている関係で、
土日に休日出勤することがあり、
その日も土曜日に出社することになっていました。 

その日はかなり文書作成に手間取ってしまって、
夜も遅くなり、他の社員も1人帰り2人帰りで、
とうとう会社に残っているのは、
私たち2人だけになってしまいました。

22時頃にやっと資料ができあがり、彼がお疲れさまと
コーヒーを入れてくれたので2人でそれを飲みながらチェックをし、
細かな修正は彼が行うということで私の仕事は終わりです。

コーヒーを半分くらい飲んだ頃、
なんだか急に疲れがでたのか眠くなって来ました。
それにしても異様な眠たさです。意識が朦朧としてきて、
彼が何か話しかけてきているのですが
何をしゃべっているのかわかりません。

今思うと彼が私のコーヒーに睡眠薬を入れてあったのだと思います。
気がつくと、私はソファーに寝かされていました。

起き上がろうとすると頭痛がして、意識がまだ朦朧としていました。
彼は私が目を覚ましたのに気づき話しかけてきました。

急に私が眠ってしまったのでソファーに
運んだというようなことを話してくれました。

時計を見ると夜中の1時をまわっています。
なんとか起き上がって洗面所に行こうと歩きだしたら、
なにか下半身の感じがおかしいんです。

下着が濡れているような感覚で下半身がけだるく、
下着もずれている感じです。

とりあえず洗面所に行き下着をおろしてみると
ねばねばしたものがついていました。
それはどう見ても匂いをかいで見ても、
私のアソコから溢れ出てきた精液の匂いでした。

事務室に戻り、下着にあれがついていたことを言うと、
彼はニヤニヤしながら私を無理やり机にひじを付かせ、尻を持ち上げてきました。
抵抗したのですが「恥ずかしいのはお前だろう、
おとなしくしていれば乱暴なことはしない」といいながら尻を撫で回しました。


職場でのレイプ体験

続きを読む

テーマ : ***官能小説*体験談*h小説***
ジャンル : アダルト

潤恋・ダミー
成人認証

このブログはアダルトブログです。
18歳未満の方は
閲覧することができません。

また当サイト内の画像および文章の無断転用、無断掲載はだめです

<年齢認証>
あなたは18歳以上ですか?

はい / いいえ


お問い合わせ・相互リンク・投稿

名前:
メール:
件名:
本文:


人妻告白体験-潤恋-
■潤恋OPEN!■どんどん文章拡充していきます!官能文章投稿サイト・当ブログに文章投稿してくださる方、 ご連絡ください。私も協力予定です!
ラブリンク

最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
6659位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
82位
アクセスランキングを見る>>



アダルトブログランキングへ

人気出会いBLOG

裏アダルトランキングうらら

人妻100709_02

HIMEGURI-NET

BBS7.COM
MENURNDNEXT


無料アダルトアダルトナビゲーター

エログ-(エログランキング)

妻のH下着

エログ満載Erogger!



大人のブログランキング

告白痴態
FC2カウンター
淡々と百人一首
    最新コメント
    Graphical Clock neon
    Graphical Clock
    ioi.toot
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    複眼RSS
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ブロとも一覧

    細胞の欲望

    ドM・調教に魅せられて。。。

    公衆便器のちいたん日記

    出会い系攻略日記
    ユーザータグ

    人妻 セックス 連れ込み 痴女 痴漢 野外 ザーメン オナニー フェラ クンニ バイブ 青姦 看護婦 アナル 高校生 スワッピング パンスト 出会い系 レズ 白濁液 精液 病院 お尻 酔い 公園 変態 ナース ぶっかけ イタズラ レイプ 童貞 セフレ 近所 フェラチオ 年下 息子 不倫 大学生 ピストン ペニス ストッキング 出産  先輩 母乳 69 おしっこ シックスナイン Tバック 挑発 妄想 教習所 ガーター 海水浴場 保険  孕ませ アソコ 万引き 中田氏 親子丼 保育園 OL 剃毛 オーガズム カーセックス ディープキス  人妻教師本能 本能 レディコミ 秘密 クリ 覗き 淫乱妻 同窓会 公衆便所 女子大生 女教師 学生 浮気 マゾ 肉棒 フェチ 風俗 専業主夫 ピアス  ブラチラ 白昼 S女 ノーブラ ラガーマン 匂い SM 隣近所 コミュニティサイト 3P 宅急便 初体験 同級生 密室 公衆トイレ ワニ パート 強姦 知人  ベンチ 探偵 他人  路地裏 Fカップ モデル 飲み会 手マン ドロドロ 眼鏡 屋上 遊園地 淫乱 カリ攻め 観覧車 エレベーター 本屋 ベランダ 交換 アクメ 露出 撮影 ノーパン ドロドロザーメン 不貞婦人会 ファミレス しゃぶる 娘の彼氏 潮吹き 背徳 おちんちん 羞恥プレイ セールス 寝室 快楽 パイパン アルバイト 顔射 スパンキング バキューム 電マ 教師 連続 巨根 おじいちゃん 成人向け映画館 トイレ 風呂 ピンク映画 色白 カウパー 精子 処女 

    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    カテゴリ
    リンク▼
  • 管理画面
  • ナイト2000

    ■■■■■■■■■■■■■

    出会い系情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。